2018年はサンティアゴ巡礼へ!

久しぶりのブログです。先日12日はセニョール ハビエルの誕生日でした。スペインでは、誕生日の人が奢られるのではなく、日ごろの感謝を込めてってことで誕生日の人が逆に周りに奢ります。だから、お気に入りのイタリアンへ行ってランチしてきました(^^♪

ハビちゃんには、ランニング用にNIKEのウィンドブレーカーをプレゼントして、バレンタインにはPS4のJUST  DANCEというダンスのゲームをあげました!私は、ハイキング用のパンツとウィンドブレーカー!やったー!めっちゃ履き心地よし!

もっと若かったときは花束とかアクセサリーうれしかったけど、今は断然スポーツウェアもらった方がうれしい!!笑

さて、今日はサンティアゴ巡礼のことについて書きたいと思います。

先日見た新聞の記事にこんなことが書いてありました。

現時点ですでに2,400人の巡礼者がサンティアゴにゴールしたそう。これは前年の同時期と比べて30%増、1月だけでも1,628人ゴールして、前年より20%増とのこと。

サンティアゴ巡礼のハイシーズンは、4月のセマナサンタ(キリストの聖週間)後から夏頃と言われているのですが、年々オフシーズンの寒い時期1月~3月の巡礼者が増えてきているそうです。その多くが外国人で、スペイン人は春、夏に多いみたいです。

今までで、サンティアゴ巡礼を知っていたお客さんは全体の3割くらい。熊野古道や四国遍路の認知度は高いけど、やっぱりまだあまり日本人には馴染みがないのかな~。やってみる理由は人それぞれで、理由がなくてもいい、ただ何かを達成してみたい、ただ歩いてみたいという方でももちろん、みなさんに絶対サンティアゴ巡礼をおすすめします。

巡礼ルートはたくさんありますが、一番知られている王道はフランス人の道。フランスとスペインの国境あたりから始まるコースで、ピレネー山脈を越えます。

一番知られているということは、それだけ巡礼者も多い。そのせいで、近年は巡礼宿のベッドの争奪戦が激しく、ベッド確保のためにあり得ないほど早起きして歩き始める人も多いです。真っ暗なうちから景色も何も見えない中でただ宿の確保だけのために歩くってなんだかな、、と私は思います。

その他にポルトガルの道、銀の道、北の道、プリミティーボ、イギリス人の道などなどあります。私は銀の道を歩いたけれど、3年経っても昨日のことのように歩いた景色が思い出されます。自然の景色を見てあんなに感動したことって、それまでなかったと思います。

コースの距離はそれぞれ違いますが、一回で歩き切らなくても数年かけてゴールする人もたくさんいます。

アルプハラの空では、サンティアゴ巡礼の道ツアーをご案内しています。歩ける自信がない人でも最後まで私達がサポートします( `―´)ノ

2名様から催行可能なので、お友達やご家族を誘ってなどのご参加で完全プライベート巡礼ツアーにもなりますよ☆

ちょっとでも興味がある方はぜひぜひお問合せください☆

ブログ執筆者について

コメント

*