私がスペインに住んでいる理由

昨日まで3日間ツアーが続いていましたが、今日はお休みです☆

さて、今日はちょっと私自身について書きたいと思います☆

よくお客様から「スペインに住んでどのくらいですか?」「どうしてスペインに住むようになったんですか?」「スペイン語はいつから勉強しているんですか?」などなどご質問をいただくので、私がスペインに住むまでに至った経緯を書こうと思いました。

まずスペインへ移住しに来たのは2012年11月です。なので、今年で5年目ですね。

スペイン語は、大学で専攻していました。なぜスペイン語か、もよく聞かれます。なぜか!ははーん!それは、昔からスペインへの情熱があったからでも、フラメンコ留学をしたいからでも、サッカーが好きだからでも何でもありません!

元々は、中学の時から英語が好きだったので、当然のように大学では英語を学びたくて、英文科ばっかり受けました。そして、見事に全滅しました!!笑

今でも当時のことはよく覚えています。周りの友達は大学が決まっていく中で、高校卒業間近になっても、大学が決まっていない焦りを感じていたことを( ;∀;)

そして、私には二つの選択肢がありました。

①浪人をする

②スペイン語学科か中国語学科がある大学で後期試験を受ける

浪人?これをまたあと1年やるの?はい、無理です!耐えられません!①は最初から排除です。となると、あとはスペイン語か中国語。。

どちらもこれからの時代、話せておいて損はない言語よね~、でもスペイン語の方が話されている国数は多いし、なんかスペイン語話せたらかっこいいかもね~!って、本当にそんな「ノリ」で決めました、はい。すみません。でも、このノリのおかげで今ここにこうしていますから、人生は何が起きるか本当にわかりませんね~。

そして、無事に受かり、晴れてスペイン語の世界へ!

何でもそうですが、やはり自分から進んで始めたものではなかったので、それはそれは1年目はきつかったです。文法も発音もなんせ初めて目にする、耳にするものですからね。巻き舌が出来なかったので、もう、Perro(犬)とかArroz(米)とか、とにかくRの発音が全然出来なくて苦戦していました。

大学1年目は英語熱が冷めなくて、1年生の春休みはオーストラリアに短期留学とかしてましたしね。それでも2年目になって、やっと「おや?スペイン語ってなんか面白いかも!」となりました。

そして、大学4年を休学してサラマンカという町へ約10ヵ月留学しました。

本当の本当のところは、オーストラリアへ留学もしたいと思っていたんですが、親に「あほか!お前はスペイン語学科だろ!」と怒られたこともありました笑

まあ、そのサラマンカ留学のおかげで私のスペイン語はなかなか上達したと思います。

(最近は、ちょっとスペイン語が上達していなくてだめ気味ですが!!)

それから、日本へ戻って卒業して、就職をして約3年半程働きました。

仕事をしながらも、ずーっとずーっと心の底には「スペインに住みたいな」という思いがありました。仕事を辞めるとき、上司にどうしてスペインに行きたいのか聞かれて、答えた言葉を今でも覚えています。

「スペイン語を話している自分、スペインにいる自分が自分らしくて好きだから」でした。

私は日本人です。日本人としての誇りや、日本語の豊かさ、相手に対する気遣いとか思いやりとかそういう国民性、日本という国の良さも悪さもふまえて日本が好きです。

だけど、私が「心地いい」と感じるのは、日本ではなく、スペインでした。

人が温かくて、みんな常に「今」を大切に生きていて、人生の楽しみ方をわかっていて、人間味に溢れているスペイン人が、スペインが私は大好きです。

もちろん、住んでみるとそれはそれは大変なことがたくさんあります。きーっ!!と怒りたくなる時もたくさんあります。とゆーか、怒るときもあります。

でも、全部をひっくるめて私はスペインがいいんです。家族や友達や、かわいい甥っ子になかなか会えないのは寂しいけれど、やっぱり自分らしくいられることって大事だと思うから、私はここにいます(^^♪

海外に住みたい人は、思い切ってまずは試してみた方がいいです。人生何が起こるかわかりませんから、思い立ったらすぐ行動してみましょう☆

元々はマラガ県に住んでいたのですが、グラナダ出身の主人に出会い、今はグラナダに住んでいます。ハビちゃんとの出会いは、また今度書こうと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました☆

ではまた☆

 

ブログ執筆者について

コメント

*