日本の女性は痩せすぎ!

今週は少しツアーが落ち着いているので、今日までお休みです☆明日はロンダ ミハスツアーです(^^)/

新規ツアーを入れるために、今日2つの白い町に行く予定でしたが、残念ながら雨なので中止。でも、本当に今年アンダルシアは全然雨が降らなかったので、良いことです!!

今日は女性の体型についてのお話!

私を知っている友人や家族はわかると思いますが、私は昔からかなりまーるい体をしておりました( `―´)ノ もはやこの年になると、恥ずかしいものとかあまりないので言いますが、人生最高体重は、高校の時の65kg!!!笑 それでいて、陸上部でしたのよ!走るデブでした!!

学生の時って、なんであんなに食欲あったんでしょうね。食べても食べてもお腹が空いていた記憶があります。その時の写真を見ると吹き出します( ´艸`) もう顔のお肉が、はちきれんばかりでつやっつや(これは今はない。)で、アンパンマンみたいでした☆

大学時代に多少は痩せたけれども、それでも常にまーるい!社会人になっても、まーるい!社会人のときにお付き合いしていた彼に、「沖縄旅行行くまでに、あと5kg痩せて!」と言われて、とても極端なダイエットをして、一時的に痩せたけれども、沖縄料理食べすぎて3日間くらいですぐ戻った懐かしい話もあります( ◠‿◠ )

サーターアンダギーおいしかった~

2012年にスペインへ来て、マラガに住んでいたときもごはんがおいしくて、まーるかったです!ふふ。

しかし巡礼を歩いて、ハビエルに出会ってからハイキングしたり、走ったり、食事に気を付けたりして、高校の時よりかなり痩せましたが、私はわかっています。

日本でこの体型は「ぽっちゃり系」であることを!!あ、てか、もはやデブ系?笑

スペインでは「Estás delgada! 痩せてるわよ!」と言われます。

何が言いたいかというと、日本の女性は痩せすぎです。本当に。

私が開き直っているということではなく、本当に日本人女性は痩せる、ということに対して執着しすぎ。メディアや世間も「痩せる」「ダイエット」ということにこだわりすぎです。

よく日本人男性で「おれは、ぽっちゃり系がタイプなんだ」とか言っているその人の基準も、結局は痩せているうちに入ります。ばか野郎と言いたくなります。

ぜんっぜん太ってもいない芸能人のことを、ぽっちゃり系とか、デブとか言い出すから、日本の女性はいつまでたっても痩せたがる、とゆーかどんどんひどい方向にいっている気がします。

洋服のサイズも小さいし、マネキンも細い!!

スペインでは、多少お肉がついている方が美人とされています。みんな基本的にむっちむちです。それは、もちろんモデルみたいなすらーっっとした人もいますがね。

もはや、ぺったんこのおしりのことを「Culo carpeta ファイルのようなおしり」 ファイルというのは、書類などを入れておくクリアファイルとかのものを指すんですが、要はぺったんこのおしりで魅力がないという意味です。

ハビちゃんも、彼の家族や友人も「日本の女性は痩せすぎていてセクシーじゃない。子供みたい」とよく言います。

そして、他にも思うこと。

日本人は人の目を気にしすぎということです。

よく夏にいらっしゃるお客様もこう言います。

「こんな派手で露出した格好日本じゃ出来ないですから、スペインで着ています!」

わかります。私も、そうでした。丸かったので、とにかく体型を隠したいために重ね着をしたり、夏でも腕は絶対出さなかったり。短パンなんてもってのほか。

でも、こちらでは違います。みんな着たいものを着ています。太っていようが痩せていようが、自分が好きなものを着ているのです。

周りも太っている人が短いスカートを履こうが、ノースリーブを着ようがなーんにも言いません。人は人。自分は自分。

とゆーか、堂々と着ているからみんな美しく見えます。若い子もおばちゃんもね!

ハビエルもよく言います。「なんで、この先一生会わないかもしれない他人の目を気にするの?」って。そうですよね。

その素敵な服を、「この服着たら、周りにどう思われるかな、、」って気にして着られないなんて、そんな悲しいことあっちゃだめです!

だから、日本女性のみなさん。もっとお肉をつけましょう!あなたは全然太っていませんよ!あなたはそのままで美しいのです!

ブログ執筆者について

コメント

*