ネルハ 聖母カルメンのお祭り

アルプハラの空は、日本人の方を対象としたアンダルシアのプライベートツアーをご案内しているツアー会社です。その中でも人気のツアーは、コスタデルソルの白い村 ミハス ネルハ フリヒリアナツアーです。

今日は、今月行われるネルハのあるお祭りについてご紹介します☆

7月15日(土)にネルハで1年で最も特別な週末が始まります。それは海の守護神を祀るお祭りで、土日にかけて行われます。

お祭りは、15日(土)19:30に地中海を一望できるネルハの観光スポットであるヨーロッパバルコニーへ色鮮やかなお花をお供えすることから始まります。また、人々は聖母カルメン像の手にキスをしてそれぞれの想いで祈ります。

キリストが磔で処刑されるとき、嘆き悲しみ、キリストの汗を拭ったとされる、嘆きの聖母マリアが別の名前で表現されたものです。カルメンだけでなく、スペインには様々な聖母の名前がついています。

16日(日)は、聖母カルメン像のプロセシオン、これは日本でいうとお神輿と似ています。カルメン像を乗せた神輿を何人もの男性が担いで、陸から海へと運びます。運び出す前に、街の中心にあるサルバドール教会で、ミサも行われます。

お祭りは、日曜日の22:00に終了し、その際にはマラガの名物 イワシの串焼きがカングレホ広場(カングレホはスペイン語でカニという意味です)が、ネルハの住民に無料で配られます。

ネルハのこのお祭りへ来れば、普段とはまた違った一面を見ることが出来て、良いかもしれませんね。

マラガの夏を楽しみたい方は、ぜひご連絡ください。観光地でも人気のマラガですが、山や海二つの顔を持ち合わせているので、リラックスもしていただけます☆

お問合せはホームページコンタクト欄からどうぞ☆

ブログ執筆者について

コメント

*