セマナサンタ期間中に記録されたカミーノ・デ・サンティアゴ

今日はここ数年、日本でもテレビや雑誌で話題になっているカミーノ・デ・サンティアゴ(サンティアゴ巡礼の道ともよく言われます)についてご紹介します。

キリストの12使徒の1人である聖大ヤコブ(サンティアゴ)。彼の遺骸は、1世紀頃に殉教してから長年の間行方不明のままでしたが、およそ800年後の9世紀頃、サンティアゴ・デ・コンポステーラの地で発見され、そこに大聖堂が建てられました。このことをきっかけに、以後絶えまなく巡礼者が続くようになり、サンティアゴは、ローマやエルサレムと並ぶキリスト三大聖地のひとつとなっています。現在、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の道は、その歴史的背景により、全行程が世界遺産に登録されています

キリストの復活を祝う宗教行事セマナサンタ(聖週間 今年は49日~16)では、サンティアゴ巡礼の道を行った多くの巡礼者数を記録しました。

415日、16日の週末には、15日土曜日に1,874人、16日日曜日には1,576人、計3,450人の巡礼者(ペレグリーノ)がサンティアゴ・デ・コンポステーラに到着しました。この数字は、1月、2月中の巡礼者数をより約400人も上回っています。

私も今年3月に1週間かけて歩いてきましたが、やはり巡礼者の数はとても少なかったです。

アルプハラの空は、このサンティアゴ巡礼の道ツアーを提供しているツアー会社です。

巡礼として認められているのは、徒歩、騎馬、自転車ですが、私は断然徒歩での巡礼をおすすめします!道中での巡礼者との出会い、目の前に広がる壮大な景色を楽しみながら一緒に歩いて大きな感動を得てみませんか?きっとあなたの人生を大きく変える経験になるでしょう

2017年、今年のガリシア地方は最高の天気を迎えています☆そのおかげで、多くの巡礼者がサリアやトゥイの地から出発し、56日間かけて歩き、サンティアゴコンポステーラを目指しています。自分が巡礼路を歩いたことを証明する巡礼証明書をもらうためには、最後の100kmを歩かなくてはならないことを忘れてはいけません!(自転車の場合は200km)

数ある巡礼路ですが、約800km以上ある道カミーノを一度に歩き切ることが出来ない人は、最後の100kmを歩く人が多いです。

最も有名で人気があるカミーノは、「フランス人の道」ですが、ここ数年人気になっているのは「ポルトガルの道」。セマナサンタ(聖週間)では、フランス人の道に続いて巡礼者の数が多かったそうです。2016年には、21,076人の巡礼者数となりました!

私は2015年に北の海沿いを歩く「北の道」約840kmを1ヶ月かけて歩きました。海と山の2つの景色を楽しめる北の道も大変おすすめです!カミーノ・デ・サンティアゴツアを提供するツアー会社

サンティアゴ巡礼の道は私の人生を大きく変えました。全てのカミーノを制覇することが私の一つの夢でもあります☆

アルプハラの空は、このサンティアゴ巡礼の道を提供しているツアー会社です。カミーノのすばらしさを一人でも多くの日本人の方に知っていただくために、様々な点からお客様をサポートいたします!

ご興味ある方は、ホームページのコンタクト欄よりご連絡ください!

皆さまの人生を変える経験のお手伝いをさせていただけることを楽しみにお待ちしております。

ブログ執筆者について

コメント

*