スペインの良いところと、ちょっとそうじゃないところ

スペインの良いところと、ちょっとそうじゃないところ

前回のブログから少し時間が開いてしまいました。ツアーが連日入っていたので、ばたばた。。という言い訳はあまりよくありませんね!

10月30日は結婚2周年でした( ◠‿◠ ) あっとゆー間だな!

当日もツアーだったので、翌日にレストランにご飯を食べにいったけど、久しぶりに「スペインサイズ」のごはんだったので苦しかった~。肉のサイズでかすぎ。。でも完食したさ!

さて、前回はハビちゃんが日本でびっくりしたことについて書きましたが、今回は、私がスペイン、というよりもアンダルシアに来てびっくりしたことについて考えてみました。

アンダルシアに住んで5年。最近はあまり驚くこともなくなりましたが、それでもたまにあります。。

あくまでも「私個人」の見方、感じ方なのでスペインに住まわれている方は賛否両論あるかと思いますが。

プラス面でびっくりしたこと

◎人懐っこい

→普通に知らない人にも話しかけたりする。話しかけられた相手も普通にこたえて、会話が始まる。

◎スーパーで列が出来ても文句を言わない

→レジの人が足りなくて、結構列が出来ていても誰も文句を言わない。昔、サラマンカに留学していたとき、スーパーで長蛇の列がレジに出来ているのに、一人の店員が清掃していて「清掃あとでいいからレジ来てよ!!!怒」っていらいらしていたのは、私だけだった。

◎夏の日照時間が長い

→夏は22時近くまで明るいので、自然と人の活動時間が長くなる。

◎お年寄りにすぐに席を譲る

→日本人ってどこかで、席を譲ることに恥ずかしさとか感じる人がいる気がしてならない。スペインでは、本当に若者でもすっと席を譲ります。

◎歩行者優先

→これは本当に日本と明らかに違う点!!必ずと言っていいくらい、車が止まってくれます!!!日本人見習うべき!!!

◎レディファースト

→欧米人にとっては当たり前ですよね。日本で4月に小さな披露宴をしたとき、介添え人の人が「今日は旦那様が奥様をリードする日なので、常に奥様は一歩後ろから歩いてくださいね(^^)/」って言われて、ハビちゃんがびっくりしていた。

エレベーターを乗り降りするときも、彼が最初、会場に入るときも彼が最初、って感じで。ついつい私が先に行こうとしてしまって、スタッフの人に手で何回も制御された!!!笑 スペインでは、レディファーストは真逆なので、男性が先にドアを開けて入ろうものなら、「は?何してんの?」って感じになります。

◎みんな基本的に今を生きている

→これは以前にも書きましたね。日本人は割と「老後のために貯蓄をしよう」とか「いざというときのために!」とか考えがちですが、私の周りなどでも「大切なのは今なんだよ」ってよく言いますね。

まだまだたくさんあるけれど、最初に思いついたことを挙げました☆

マイナス面でびっくりしたこと

◎人への配慮とか気遣いとかあまりない笑

→基本的に「自分がハッピーならオッケー!」って感じの人が多いような気がします。。( ;∀;)

◎トイレが汚い

→日本のトイレは本当にきれい!!スペインのトイレは、公衆便所はもちろんですが、

デパートやショッピングモール、バル、レストランのトイレでも毎回ドアを開けるのが怖いです笑 もうだいぶ慣れましたが!

特に、女性用トイレでよくあるのは、便座がないこと( `―´)ノ どうするか?空気いすですよ!!私は5年かけてマスターしました笑 どうして便座がないかは「清掃員の人が掃除しやすいように」って誰かから聞いたことあるけど、全然納得できない!

◎犬の落とし物が落ちていること

→歩き携帯していると、踏みますのでご注意を!!罰金の法律もできたくらいだけど、改善された兆しが見えません。

◎運転マナーが悪い

→私は完全なペーパードライバーなので運転しないのですが、アンダルシアの運転は基本荒い。。(ウィンカー出さない、追い越し車線で走り続ける、すぐクラクションならすなどなど。)ハビちゃんは、以前の職業柄、とっても安全運転ですので安心してくださいね!

マイナス面はあまり書き出すのは、気分的に良くないのでここらへんまでにします!

それではまた( `―´)ノ

ブログ執筆者について

コメント

*