カミーノ・デ・サンティアゴの興味深いこと☆

サンティアゴ巡礼の道は、スペインで最も興味深い道の一つと言えます。

過去10万人以上の人が歩き、今もなお、スペインで最も人気のあるカミーノの一つであり続けています。

サンティアゴ巡礼の道ツアーを提供しているツアー会社、アルプハラの空は、今日はそのカミーノのいくつかの興味深いものについてご紹介します。

  1. コンポステーラ(巡礼証明書)

サンティアゴ巡礼の道を終えた証としてもらえる証明書のことです。徒歩、騎馬の場合は、100km以上歩いた人、自転車の場合は200km以上走ることが条件です。

証明書をもらうときには、巡礼を宗教的、精神的、文化宗教的のどの目的から行ったのかを申請する必要があります。証明書はラテン語で書かれています。

➁ ボタフメイロ(香炉)

ボタフメイロは、中世時代にサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖 堂で使用されていた大きな振り香炉のことです。その大きさは驚くほどで、高さ160cm、68kgもあり、男性8人がかりで揺らし、最大時速68kmにまで達し、世界で最も大きな香炉の一つでもあります。

この香炉は焚いた香を入れた後、大聖堂内を振り子のように振る儀式に使われます。「ボタフメイロ」はガリシア語で「煙を吐き出すもの」という意味です。

もともとは、大聖堂に到着した巡礼者が、疲れ切って不潔な状態の人が殆どであったため、彼らの体臭を和らげるためや、ペスト伝染病が猛威を振るった時代には、香は病の予防効果があると信じられていました。

➂ サンティアゴ巡礼の道の昨今の栄誉

1987年 欧州評議会によって【欧州文化ルート】に認定

1993年 「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」としてユネスコ世界遺産に登録

2004年 アストゥリアス皇太子賞

④国籍別の巡礼者数

1位スペイン人、2位イタリア人、3位ドイツ人、続いてポルトガル人、アメリカ人、フランス人、アイルランド人、イギリス人です。日本人はまだまだ少ないですが、最近話題になっているサンティアゴ巡礼ですから、これからますます増えていくことを願います。

⑤最も多く歩かれている巡礼路

1位 フランス人の道サンティアゴ巡礼の道ツアーを提供しているツアー会社

2位 ポルトガルの道

3位 北の道

そのあとは、銀の道、プリミティボの道、イギリス人の道 と続きます。

サンティアゴ巡礼の道は、人生で一度はやっておくべきものと言えるでしょう。アルプハラの空は、サンティアゴ巡礼の道ツアーを提供しているツアー会社です。

興味はあるけど歩き切れるか不安、一人で歩くのは不安、でも何か成し遂げてみたい、自分を見つめなおしたい、理由は人それぞれですが、少しでもやってみたいという方がいらっしゃいましたらホームページのコンタクト欄よりご連絡ください☆皆様の人生を変える経験のお手伝いが出来ることを楽しみにしています!

ブログ執筆者について

コメント

*