おすすめは夜のアルバイシン☆

今日はお休みなので朝からせっせと掃除をしました。私が家事の中で最もきらいなことは、アイロンがけです。。(´;ω;`) 洗濯をして、柔軟剤の匂いをかぎながら干すまでは大好きなのですが、そこから「たたむ→アイロンがけをする」の作業が本当に苦手です。。今年のセールで買ったお気に入りのワンピースも実にアイロンがけがしにくい部分があるので、毎回苦戦しております。

先日21日は、夜のアルバイシン散策ツアーへお客様をご案内してきました☆

ほとんどのお客様が「グラナダに来るまで、アルハンブラ宮殿以外どんな見所があるのかわからなかった」ということをおっしゃいます。そして、ツアーを終える頃には「グラナダってこんなに魅力ある街だったのですね!もっといたかったです!」と言ってくださいます。

そうです、グラナダはアルハンブラ宮殿だけではないのです!

確かにガイドブックの一番はじめにくるのは、まずマドリードとバルセロナ。

アンダルシアのところでグラナダのページにはもちろんアルハンブラ宮殿の内容がどーん!続いて、アルバイシン、サクロモンテ、大聖堂、王室礼拝堂などなど。

グラナダ=アルハンブラ宮殿のイメージがあるので、他はどこを見たら良いのかわからない、、という声をよく聞きます。もちろんグラナダへ来て、アルハンブラ宮殿を見ずには帰らないと思いますが、アルバイシン、サクロモンテの路地巡りも本当に訪れるべきところだと思っています。

特に、夜!夕方から夜にかけてのアルバイシンとサクロモンテは実に美しいです。

通りの街灯が、白い家と、石畳、生い茂った草花を照らしてなんとも言えない幻想的な雰囲気を醸し出しています。

昼間の顔とはまったく異なった景色がそこには待っています。路地好き、小道好きな方にとってはたまらないと思いますよ☆時々、アルバイシンの家々の間から垣間見れるライトアップされたアルハンブラ宮殿にもうっとりします。

しかし、大抵ガイドブックなどには「夜のアルバイシン、サクロモンテは治安が悪い、危険!」などと書かれてしまうので、日本人観光客の方は躊躇してしまうことも多いと思います。確かに、一本道を入ると一目につかず、ひっそりとしているところもたくさんあります。でも、私が毎回お客さんに言っていることは一つです。

「日本を出たら海外ではいつもより気を引き締めて、荷物をしっかり持って、油断してはいけない」ということです。アルバイシン、サクロモンテに限ったことではなく、海外旅行に行くときは、いつも緊張感をもっているべきなのです。そうすれば、夜のアルバイシン、サクロモンテも楽しんでいただけると思っています。

もちろん、夜中の12時、1時に歩け、と言っているわけではありません。私だって、一人で夜中にあそこを歩こうとは思いませんからね(´・ω・`)

グラナダのアルバイシン路地巡りツアーでは、幻想的なアルバイシン、サクロモンテへご案内いたします。グラナダの夕景をご覧内なりたい方は、サンニコラス展望台ではなく、別の場所へもご案内いたします☆なぜなら、サンニコラス展望台からは、日没は見られないからです。ちょうど太陽が家や、木々に遮られてしまうのです。しかも、常に観光客でにぎわっています。

そこよりももっと高台にあって、グラナダ市街を一望出来る場所があります。そこからですと、日没が完璧に見えるので、お客様にもご好評いただいております♪

グラナダの夜を楽しんでみませんか?

 

ご興味ある方はホームページのコンタクト欄からメールお待ちしております♪

ブログ執筆者について

コメント

*